一般社団法人「生涯学習ゴルフ研究会」代表理事 治武隆(じぶ・たかし)さん

一般社団法人「生涯学習ゴルフ研究会」代表理事 治武隆(じぶ・たかし)さん

治武隆(じぶ・たかし)さんプロフィール

一般社団法人「生涯学習ゴルフ研究会」代表理事
Pure&Sure Golf Academy 事業部長
米国パインハーストでのゴルフセミナーに参加し、
ゴルフを科学的に探究する考え方や歴史と伝統に培われたゴルフの神髄に触れる。
帰国後、自らが専門とするスポーツ科学の基礎学問とゴルフ理論との整合性の研究に取り組み、
「ゴルフ公開講座」の根幹を成す学習プログラムを確立する。
これまで一般向けの「ゴルフ公開講座」を約1000回以上行う。
1956年生まれ。順天堂大学卒
●公式ウェブサイト
●ゴルフ実践講座[ゴルファーの羅針盤]
一般社団法人 生涯学習ゴルフ研究会
住所:〒132-0023 東京都江戸川区西一之江4-15-24
E-mail: jibu@psga72.jp

「生涯学習ゴルフ研究会」代表理事 治武隆(じぶ・たかし)

「生涯学習ゴルフ研究会」代表理事 治武隆(じぶ・たかし)

「生涯学習ゴルフ研究会」代表理事 治武隆(じぶ・たかし)

はじめまして、一般社団法人「生涯学習ゴルフ研究会」代表理事の治武(じぶ)隆です。

今回から「書斎のゴルフ」さんのメールマガジンで連載を担当させて頂くことになりました。簡単に自己紹介させて頂くと、約20年、ゴルフをわかりやすく“科学的”に教えることを主軸に活動してまいりました。

今は、信頼できるスタッフと300人以上の受講生とともに、レッスンするインストラクターにアドバイスさせて頂いております。

「ゴルフスイングを科学的に説明する」…。正直、それをできる方は、今、あまりいらっしゃらないかもしれない。
元々、体育教師が必要とする指導書などの執筆をしていた私は、身体の動きを科学的かつ理論的に説明することができます。
例えば、テレビのゴルフ解説者が、プロが打った球が右に出ているのを見て、「振り遅れている」と言ったりしますよね。


「生涯学習ゴルフ研究会」代表理事 治武隆(じぶ・たかし)

「生涯学習ゴルフ研究会」代表理事 治武隆(じぶ・たかし)

「振り遅れている」という言葉は決して間違っていないのですが、 もう少し詳しく話すと、クラブフェースがスクエアな状態に戻ってきていない。

つまり、身体の動きに対して、腕の振りが遅れているということです。
で、これで話は終わりません。

腕が振り遅れるというのは、身体の各部分のタイミングのズレが生じている。
じゃあ、各部分のタイミングのズレはどういった時に起こっているか。
など話は延々と続きますが…、「振り遅れ」という1つの言葉でも、 科学的に話し始めると、非常に深い話が必要になってくる。
ただ、テレビのゴルフ解説でこんなに時間を取ることはできませんよね?

だから「振り遅れ」という言葉で片づけてしまうしかないのです。
実はここがアマチュアゴルファーの落とし穴になるのです。


「生涯学習ゴルフ研究会」代表理事 治武隆(じぶ・たかし)

「生涯学習ゴルフ研究会」代表理事 治武隆(じぶ・たかし)

今、世に伝わっている様々なレッスン言葉についても、本当はもっと科学的な話が必要なはず。
ただやはりスペースの制限がありますからね。

この連載では、皆さんが存分に理解できるまで科学的に説明していきたいと思います。
どうぞ、楽しみにしていてください。

話は変わりますが、私がゴルフをプレイする上で、 一番大切にしている(ゴルファーなら当たり前の)
言葉があります。
「Play the ball as it lies」 (あくまでも、あるがままのライの状態でプレーすること)。

そう、ゴルフは“あるがまま”にプレイするスポーツなんです。 決してライが悪いからって球を動かしてはいけません。 林の中に入って、誰も見ていないからといって球を打ちやすい所に持っていくなんて 決してしてはいけないことです。


「生涯学習ゴルフ研究会」代表理事 治武隆(じぶ・たかし)

「生涯学習ゴルフ研究会」代表理事 治武隆(じぶ・たかし)

ゴルフは、セルフジャッジをする唯一のスポーツです。 スポーツには必ず審判がいますが、ゴルフにはいません。

あくまでも自分自身でジャッジをするのです。 ゴルフのルールも、プレイヤーが善人ということを前提に作られています。

こういった「ゴルフマインド」を忘れてはいけないと思っております。
私は、このゴルフの精神を継承していくことが、 これからのゴルフ界には大切だと思っています。


「生涯学習ゴルフ研究会」代表理事 治武隆(じぶ・たかし)

「生涯学習ゴルフ研究会」代表理事 治武隆(じぶ・たかし)

あるがままにプレーし、自らが審判し、公正にプレーすることを 誇りとしてこそゴルファーであり、こういうゴルファーが消えていったら、 本当の意味での「ゴルフが消える日」が訪れるでしょう。

私はできる限り、「ゴルフマインド」の継承を大事に努力をしていきたいと思います。

ちょっと堅い話になりましたが、今回はこんなエピソードのお話で締めくくりたいと思います。
中部銀次郎さんが幼いころ父親とプレイしている際、球を動かそうとしことがあったそうです。
するとすかさずお父さんは「銀!そんなことをするんだったら、 ゴルフなんかやめてしまえ!」と諭されたそうです。
まさにゴルフの精神ですよね。

※引用:「銀!そんなことをするんだったら、ゴルフなんかやめてしまえ!」~悠々として急げ(日本文化出版)

では次回はアマチュアプレイヤーが陥る「エラー相殺(そうさい)」に ついてお話したいと思います。
右に飛ぶからクラブフェースを左に向けたりしてませんよね?


「生涯学習ゴルフ研究会」代表理事 治武隆(じぶ・たかし)


ゴルフの羅針盤


「生涯学習ゴルフ研究会」代表理事 治武隆(じぶ・たかし)


vol.1 「ゴルフスイングを科学的に説明するとは?」by治武隆

vol.2 「アマチュアが陥る罠"エラー相殺"」by治武隆